HOME > Q&A > 温度センサーの取付方法

技術情報

一覧に戻る

温度センサーの取付方法


ルーズフランジ式
挿入長を任意に選択できます。
使用する保護管に横からネジで止めます。
気密性はありません。

コンプレッションフィッティング式
挿入長を任意に選択できます。
長さを決めてからネジを締めて固定します。
通常、約5kgf/c㎡までの圧力には耐えられます。

固定ネジ式
センサーの保護管にオスネジを溶接しておき、取り付け側にメスネジを溶接しておき、これにネジ込んで取り付けます。
テーパーネジとストレートネジとがあります。
テーパーネジを使用することが多いようです。

固定フランジ式
固定ネジと同じような取り付け方法となります。
取り付け側にあらかじめ相フランジを溶接しておき、ボルトを用いて固定します。
また、必ず、パッキンを使用しますが、フランジの取り付け面には、全体が平面なFF型と、パッキン取り付け部が高くなっているRF型とがあります。
RF型を使用することが多いようです。
またフランジには、他にミゾ型、リングジョイント型等の形式もあります。

サニタリー式
食品工業用に決められた規格で、食品衛生上、よごれや細菌が付かないよう表面仕上げに特別の配慮がされております。
表面仕上げは400番バフ仕上げとしております。

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop