HOME > Q&A > 補償導線の規格と種類について

Q&A

一覧に戻る

補償導線の規格と種類について


熱電対
の種類
記号 旧記号
(参考)

(区分1)

(区分2)
許容差(μV) 補償
接点
温 度
(℃)
JIS
C1610-
1981
(旧JIS)記号
クラス1 クラス2
BC BX 0~
+100
BX-G
RCA RX 黄赤
(だいだい)
±30 0~
+100
RX-G
RX-H
RCB ±60 0~
+200
SCA SX ±30 0~
+100
SX-G
SX-H
SCB ±60 0~
+200
NX うすい赤
(ピンク)
±60 ±100 -25~
+200
NC ±100 0~
+150
KX KX ±60 ±100 -25~
+200
KX-G
KX-H
KCA ±100 0~
+150
KX-GS
KX-HS
KCB WX ±100 0~
+150
WX-G
WX-H
KCC VX ±100 0~
+100
VX-G
EX EX 青紫
(すみれ色)
±120 ±200 -25~
+200
EX-G
EX-H
JX JX ±85 ±140 -25~
+200
JX-G
JX-H
TX TX ±30 ±60 -25~
+100
TX-G
TX-H
TX-GS
TX-HS


*当社におきましては、当面の間、JIS C1610-1981(旧JIS)対応品を標準といたします。
*新JIS C1610-1995対応品は受注生産となります。
*極性の色別については、区分1は+側は表面被覆と同じ色、-側は白。区分2及び旧JISは+側赤、-側白。外被覆の色は、旧JISと区分2は同じとなります。

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop