HOME > 製品紹介 > 熱電対 > 2重保護管付きシース熱電対

製品紹介

2重保護管付きシース熱電対

特徴 | 仕様 | 形状| 内部構造

-40~1050℃までの温度範囲で使用可能で、温度センサーの交換のためにオペレーションを停止できない場所や金属保護管形よりも強度を求められる場所などに組み込まれます。

 

特徴

  • 圧力・流速などの使用条件により、保護管を自由に選択可能です。
  • 設備の運転を止めることなく本体のみ交換可能です。
  • 耐振動、結露、防滴対策品、耐圧防爆構造品製作可能です。

仕様

常用使用温度範囲 -40~1050℃(端子箱の温度は60℃以下で設置して下さい。)
許容差 JISクラス1 JISクラス2 (許容差はこちら
素子数 シングル または ダブル
許容差
補償導線

形状

ST22

ストレートシース管にネジを溶接し、ネジ上部をニップルで補強したものにネジ付金属保護管をつけ二重構造にしたものです。耐振動、防滴、結露対策品、耐圧防爆構造品製作可能です。

カスタマイズのお問合せ

ST22T

ストレートシース管にネジを溶接し、ネジ上部をニップルで補強したものにネジ付テーパーくり抜き保護管をつけ二重構造にしたものです。耐振動、防滴、結露対策品、耐圧防爆構造品製作可能です。

製品のお問合せ

ST23

ストレートシース管にネジを溶接し、ネジ上部をニップルで補強したものにフランジ付金属保護管をつけ二重構造にしたものです。耐振動、防滴、結露対策品、耐圧防爆構造品製作可能です。

カスタマイズのお問合せ

ST23T

ストレートシース管にネジを溶接し、ネジ上部をニップルで補強したものにフランジ付テーパーくり抜き保護管をつけ二重構造にしたものです。耐振動、防滴、結露対策品、耐圧防爆構造品製造可能です。

 

内部構造

固定テーパーネジ形接続 グランド形接続


センサー選定依頼

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop