HOME > Q&A > 測温抵抗体・熱電対の挿入長について

技術情報

一覧に戻る

測温抵抗体・熱電対の挿入長について

挿入長について


熱電対では温接点、測温抵抗体においては素子の測温対象が同一の温度にならないと、正確な測温 はできません。通常、測温接点や素子は保護管に入っているため、熱伝導により外部に熱が逃げて行き、 十分な挿入長がないと誤差が生じることになります。
気体の場合も液体の場合も条件は一様ではありません ので条件 による差異はありますが、必要とされる挿入長を保護管外径の倍率で示します。


正確な測温をするのに必要な挿入長


種類 静止液体 静止気体
抵抗体(シース) 10倍以上 15倍以上
抵抗体(パイプ) 10倍以上 15倍以上
熱電対(金属)   20倍以上
熱電対(磁器)   20倍以上

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop