HOME > Q&A > 測温抵抗体・熱電対の温度許容差について

技術情報

一覧に戻る

測温抵抗体・熱電対の温度許容差について

熱電対・測温抵抗体で各クラスの温度による許容差は以下のとおりです。

測温抵抗体の温度許容差

抵抗体     (℃)
1/3B ±(0.1+0.0017l t l)
A ±(0.15+0.002l t l)
B ±(0.3+0.005l t l)
2B ±(0.6+0.01l t l)

使用温度に対する、各クラスの目安となる温度許容差を計算できます。
使用温度(絶対値を入れてください) =

※使用可能温度範囲は測温抵抗体センサーの種類、クラスによって異なります。ご使用のセンサーの使用可能温度範囲をご確認ください。

クラス1/3B許容差= ±
クラスA許容差  = ±
クラスB許容差  = ±
クラス2B許容差 = ±


熱電対の温度許容差

記号 クラス1(旧0.4級、他) クラス2(旧0.25、0.75級) クラス3(旧0.5、1.5級)
温度範囲 許容差 温度範囲 許容差 温度範囲 許容差
B

 

600℃以上
800℃未満
±4℃
600℃以上
1700℃未満
±0.0025*| t | 800℃以上
1700℃未満
±0.005*| t |
R
S
0℃以上
1100℃未満
±1℃ 0℃以上
600℃未満
±1.5℃
600℃以上
1600℃未満
±0.0025*| t |
N -40℃以上
375℃未満
±1.5℃ -40℃以上
333℃未満
±2.5℃ -167℃以上
+40℃未満
±2.5℃
375℃以上
1000℃未満
±0.004*| t | 333℃以上
1200℃未満
±0.0075*| t | -200℃以上
-167℃未満
±0.015*| t |
K -40℃以上
375℃未満
±1.5℃ -40℃以上
333℃未満
±2.5℃ -167℃以上
+40℃未満
±2.5℃
375℃以上
1000℃未満
±0.004*| t | 333℃以上
1200℃未満
±0.0075*| t | -200℃以上
-167℃未満
±0.015*| t |
E -40℃以上
375℃未満
±1.5℃ -40℃以上
333℃未満
±2.5℃ -167℃以上
+40℃未満
±2.5℃
375℃以上
800℃未満
±0.004*| t | 333℃以上
900℃未満
±0.0075*| t | -200℃以上
-167℃未満
±0.015*| t |
J -40℃以上
375℃未満
±1.5℃ -40℃以上
333℃未満
±2.5℃
375℃以上
750℃未満
±0.004*| t | 333℃以上
750℃未満
±0.0075*| t |
T -40℃以上
125℃未満
±0.5℃ -40℃以上
133℃未満
±1.0℃ -67℃以上
+40℃未満
±1.0℃
125℃以上
350℃未満
±0.004*| t | 133℃以上
350℃未満
±0.0075*| t | -200℃以上
-67℃未満
±0.015*| t |
*R・S熱電対のクラス1は、標準熱電対(標準器として用いる熱電対)に適用する。
*| t | は測定温度の+、-の記号無関係な温度(℃)で示される値です。      

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop