HOME > Q&A > 被覆熱電対による最適な表面温度測定について

技術情報

一覧に戻る

被覆熱電対による最適な表面温度測定について

被覆熱電対による最適な表面温度測定について


被覆熱電対による表面温度の測定にあたっては、熱流をなるべく小さくし、測定誤差を小さくする事が大切です。
それには被覆熱電対を対象物にはわせて設置し、対象温度、環境の仕様に適合するテープ、もしくは接着剤で接着するのが最適です。テープは温度が上昇すると粘着性が落ちることがありますので、メーカー取扱説明書等の指示に従いご使用ください。
接着する際には、測温対象物と、温接点の間に隙間が出来ない様注意して取り付けてください。空気層ができることで測定誤差を生む可能性があります。
また、温接点がシート状になったものを使用し、接着を行うのも表面温度測定には非常に効果的です。

フィルム形被覆熱電対はこちら

被覆熱電対接着方法
シート状の温接点をテープで接着すると表面積が広く効果的。 被覆熱電対を測温対象物に這わせてテープで接着する方法も良い。

被覆熱電対を測温対象物に這わせて接着剤で接着する方法も良い。 ×被覆熱電対を一点のみで接着する方法だと測定誤差が大きい。

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop