HOME > 製品紹介 > 短納期被覆熱電対

製品紹介

短納期被覆熱電対

被覆熱電対選定技術情報―応答特性試験(露出形、フィルム形)技術情報―応答特性試験(モールド形)

被覆熱電対

試験、実験用の温度センサとしてデータロガーなどに接続され工業計測で幅広く使用されています。弊社標準形状(温接点:露出形、端末:剥き出しのみ)のオーダーメイドのセンサーが、当日の午前中までのご注文で50本までで最短4日、100本までで最短5日での出荷が可能です。
工業計測で多く使用される、安価なビニール、耐薬品、耐水性のフッ素樹脂の被覆熱電対にて対応しております。
オプションにて耐薬品、耐水性のモールド形フッ素樹脂被覆熱電対、表面温度測定に適したフィルム形被覆熱電対や、コネクター、圧着端子の端末加工も可能です。





特徴

  • 試験、実験用の温度センサとしてデータロガーなどに接続され工業計測で幅広く使用されています。弊社標準形状(温接点:露出形、端末:剥き出し形)のオーダーメイドのセンサーが、当日の午前中までのご注文で50本までで最短4日、100本までで最短5日での出荷が可能です。
  • 長さ,本数などオーダーメイドにてご提供致します。
  • オプションにて耐薬品、耐水性のモールド形、表面温度測定用のフィルム形、コネクター、圧着端子の端末加工も可能です。。
  • 応答速度が非常に速い為、高速応答を求められる場合に最適です。応答速度技術資料はこちら(露出形、モールド形のみですが、フィルム形と露出形の応答速度はほぼ一緒です。)
  • 被覆熱電対は構造が単純で低価格な温度センサーになります。

仕様

H2,H3
許容差 JISクラス1 クラス2 (許容差はこちら
熱電対種類 K, T, J


選定フォーム

*概算製造納期は御社のご注文から弊社発送日までの期間になります。受注状況、在庫状況により前後致します。予めご了承下さい。
①温接点形状 ③端末形状 ⑤被覆種類
⑥素線種類⑦素線径(mm)⑧クラス⑨全長:L(mm)⑩本数
クラス2
クラス1
形式
本数
概算製造納期
備考
形式選定が完了するとお問い合わせいただけます。
仕様・簡易形状図 (単位:mm)

技術情報―応答特性試験

撹拌水中及び静止空気中における、T1からT2への温度変化量を100%としたときの63.2%(時定数)及び90%の値を示すまでの時間は、以下のようになります。

被覆熱電対(露出形, フィルム形)

被覆熱電対 応答速度

種類 外径(φ)
単位(mm)
撹拌水中
単位(秒)
気体中
単位(秒)
63.20% 90% 63.20% 90%
被覆熱電対
(露出形, フィルム形)
0.05 <0.01 0.01 0.5 1.2
0.1 0.02 0.05 1.2 2.7
0.2 0.06 0.14 3.5 8.1
0.32 0.15 0.35 6.1 14.1
0.64 0.27 0.63 11.6 26.7

被覆熱電対(モールド形)

被覆熱電対 応答速度

種類 外径(φ)
単位(mm)
撹拌水中
単位(秒)
気体中
単位(秒)
63.20% 90% 63.20% 90%
被覆熱電対
(モールド型)
0.05 0.5 1.3 5.6 13
0.32 2.9 6.6 32 74
0.64 4.9 11 47 109


試験条件  

使用熱電対

フッ素樹脂モールド被覆熱電対   フッ素樹脂被覆熱電対

試験温度 T1:低温→T2:高温 常温→沸騰水中 常温→100℃静止空気
T2:高温→T1:低温 常温→氷点   100℃静止空気→常温
試験方法

供試被覆熱電対の検出部を室温から十分な温度差をもつ撹拌水中及び静止空気中に瞬時に置き換えて、時定数及び90%の応答時間を測定する。
応答時間は、T1→T2,T2→T1の平均時間とする。

準拠規格 JIS C1602 熱電対


メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop