HOME > 製品紹介 > 特殊温度センサー

製品紹介

特殊温度センサー

コンベアー用温度センサー

主な用途

ワークがコンベアーで移動する、連続式成炉用アルミ製コンベアーの温度を連続的に測定するためのセンサーです。

特徴

アルミニウムなどで製作された金属製コンベアーは表面に金属光沢があるため「放射温度計」での温度測定ができない場合があります。「アルミ・コンベアー用センサー」は、放射温度計で測定できない金属光沢面の温度を連続的に測定することができる特殊なセンサーです。素線は「極細のタイプT熱電対」を使用していますので、応答性、精度ともに良好な温度測定ができます。


more


醸造用温度センサー

主な用途

醸造用タンクや蓄熱槽など、大型容器内の温度測定に使用されています。

特徴

フランジ下がケーブルになっているため、攪拌などで測定対象が大きく動く場合には適しませんが、挿入長が長くできますので大きなタンクなどには適しています。測定対象の性質により、ケーブル材質が異なります。弊社営業担当にご相談ください。


more


真空用温度センサー

主な用途

真空機器にフランジ取付して、真空雰囲気の温度を測定するセンサーです。

特徴

真空フランジなどで密閉して、真空雰囲気の温度を測定します。多対式も対応可能です。シース外径、シース長、フランジの種類などをご要望に応じて製作いたしますので、弊社営業担当にご相談下さい。


more


薬液用温度センサー

主な用途

薬液用タンクや容器内の温度測定に使用されています。主な測定対象物は金属では腐食してしまう薬品等になります。
使用温度範囲:常温~180℃

特徴

ふっ素樹脂チューブ(FEP)の中に測温抵抗体素子を直接組み込んでいます。一般的に測温抵抗体素子は金属の保護管に組み込んで使用することが多いため、それにふっ素樹脂チューブを被せると応答が遅くなります。この製品は、測温抵抗体素子を直接組み込むことにより、従来のものよりは応答が早くなります。
ただし、チューブとリード線の結線部分については、防水仕様ではございません。完全防水仕様も製作が可能ですので、弊社営業担当にお問合せ下さい。


more


外気温測定用温度センサー

主な用途

制御盤内部から測温部保護管を突き出しして外気温の測定に使用されます。

特徴

測定用途は一般的ですが、温度センサーを制御盤内部から六角ナット・ワッシャーにて固定でき るよう、特殊ネジ込み仕様にて製作しています。本形状以外でも、ご希望に応じて製作可能ですので、弊社営業担当者に御連絡下さい。


more


貯炭場用温度センサー

主な用途

貯炭場の山積みされている石炭に挿入し、石炭内部の温度測定に使用されます。

特徴

貯炭場の山積みされている石炭に挿入し、内部の温度を測定することで、石炭の発火リスクを未然に防ぎます。先端チップと内部の測温抵抗体は交換可能な構造になっています。
本形状以外でも、ご希望に応じて製作可能ですので、弊社営業担当にご連絡下さい。


more


突き刺し用温度センサー

主な用途

幾層かに重なっている柔らかいキャタピラーゴム(一層厚み=10mm)に突き刺して、品質を向上させるため、各層の温度 測定に使用されます。

特徴

シース先端が針状になっており、人差し指と中指の間にシースを挟んで、親指でカバー上 部を押さえ込むことにより容易に力をかけて突き刺すことが可能。
本形状以外でも、ご希望に応じて製作可能ですので、弊社営業担当にご相談ください。


more


製品のお問合せ

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop