HOME > センサー選定依頼 > カスタマイズご依頼方法

センサー製作依頼

センサー選定ご依頼方法

弊社ではお客様にウェブ上にて簡易的なセンサー作製依頼を提出していただける様になりました。

各製品のページ上にある、[センサー選定のお問合せ]をクリックしますとセンサー選定依頼画面に移動します。
そちらのページにてお客様のお好きな仕様を選んでいただきますと、後日弊社から詳細打ち合わせのご連絡差し上げます。また組み合わせによっては製作出来ない仕様になる場合もあります。その際にも仕様変更の打ち合わせのご連絡を差し上げます。
こちらは簡易形式作成になります。弊社形式の詳細をお持ちの方はお持ちの形式で直接お問い合わせください。

各形式特徴比較表
  R形
(測温抵抗体)
SR形
(シース測温抵抗体)
T形
(熱電対)
ST形
(シース熱電対)
TC形
(被覆熱電対)
温度範囲
常温~200℃
-200~+350℃
常温~1500℃
-200~1050℃
-200~+700℃
結露環境
×
×
×
(モールドタイプは○)
応答速度
×
×
精度
特徴 測温抵抗体の中で、最も一般的な種類です。  マグネシア強固に詰まっているため、応答が速いです。 熱電対素線のみ交換可能です。 マグネシア強固に詰まっているため、応答が速いです。 表面温度測定に最も適しています。
端子箱タイプは内部エレメントのみ交換可能です。 シースを5倍Rまで曲げ加工可能です。 使用条件に応じて、保護管材質・外径を自由に選択できます。 シース内部構造が単純なため、振動・衝撃に強いです。 極細タイプも可能な為、応答速度は非常に優れています。(素線径0.05)
使用条件に応じて、保護管材質・外径を自由に選択できます。     シース測温抵抗体より細い外径(φ1.6,φ1.0,φ0.5,
φ0.25,φ0.15)が可能なため、応答速度に優れ、曲げ伸ばし、長距離延長・狭い箇所での測定が可能です。
 

pagetop

測温抵抗体

端子箱付き測温抵抗体

R1 R2N R3N    
   

リード線直結形測温抵抗体

R5 R6 R7    
   

シース測温抵抗体(端子箱形)

SR1 SR2N SR3N    
   

シース測温抵抗体(リード形)

SR6        
       

2重保護管付きシース測温抵抗体

SR22 SR23      
     

耐圧防爆形測温抵抗体

R2N SR2N R3N    
   
SR3N SR22 SR23    
   

熱電対

金属保護管付き熱電対(端子箱タイプ)

T1 T2N T3N    
   

非金属保護管付き熱電対

T31 T32 T33    
   

シース熱電対(端子箱タイプ)

ST1 ST2N ST3N    
   

シース熱電対(リードタイプ)

ST6        
       

2重保護管付きシース熱電対

ST22 ST23      
     

耐圧防爆形シース熱電対

ST2N ST3N ST22 ST23  
 

被覆熱電対

被覆熱電対

TC        
       

pagetop


メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop