HOME > Q&A > 耐圧防爆温度センサーについて

技術情報

一覧に戻る

耐圧防爆温度センサーについて

耐圧防爆温度センサーについて


耐圧防爆温度センサーは、温度センサーの内部に爆発性ガスや浸入し、爆発が生じたとしても、 温度センサーの外部に爆発が及ばないような構造を持った温度センサーを指します。 弊社では、構造規格と技術的基準の2通りの規格について、型式検定を受けて合格証を取得しています。

構造規格と技術的基準について


構造規格:電気器械器具防爆構造規格(昭和44年労働省告示16号)の略称にて、従来よりある規格です。技術的基準:国際規格に整合した技術的基準です。

耐圧防爆構造の表示記号と内容


  d2G4・sd2G4(構造規格)   ExdⅡBT4(技術的基準)
記号 内容 記号 内容
s 特殊防爆構造 Ex 技術的基準の防爆構造を示す記号
d 耐圧防爆構造 d 耐圧防爆構造
2 爆発等級を表し、
火災免走限界0.4mmを超え
0.6mm以下
ⅡB 電気機器のグループを表し、
最大安全隙が0.5mmを超え
0.9mm未満
G4 ガスまたは蒸気の発火度を表し、
135℃を超え200℃以下
T4 温度等級を表し、
電気機器の最高表面温度が
135℃以下
ガスまたは蒸気の発火温度は
135℃を超え200℃以下
防爆適用
温度範囲
-10℃~110℃ 防爆適用
温度範囲
-20℃~135℃
外部導線の
引込方法
耐圧パッキン方式
電線管耐圧ねじ結合式
外部導線の
引込方法
耐圧パッキン方式
使用器具指定

メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop