HOME > 会社概要 > 林電工の特徴

精密温度測定

林電工の特徴について

特徴1: 白金測温抵抗体素子からの製造


弊社の強みである白金測温抵抗体素子とは、精密な工業用温度センサーの温感部であり、温度測定において非常に重要な役目を担っています。
測温抵抗体素子の原理はこちら


弊社は国内唯一、セラミック封入形巻線素子、ガラス芯体巻線素子、薄膜形素子の三種類の測温抵抗体素子から製造している温度センサーメーカーです。
各種類違った特徴を持つ測温抵抗体素子を使い分けることで、お客様の環境により適し、より正確・精密に測定出来る温度センサーを提供することが可能です。


また、三種類の素子を適切に使用し、お客様の使用環境に合う素子を選択することで、より広い分野の用途に提供可能な測温抵抗体温度センサーを製造しています。


また、測温抵抗体素子メーカーであるため、素子の品質管理を自社で行える事も、お客様にとっては安心して弊社の温度センサーをご使用いただける大きな要因となっています。



特徴2: 高精度・高安定性温度センサー


素子から製造していることもあり、工業計測では高精度・高安定性の温度センサーを得意としています。

時にはある条件下で年間のドリフトが10mK未満という要求にも対応出来る温度センサーを開発・製造しています。


測温抵抗体・熱電対の許容差



特徴3: 1本からの受注生産


弊社はお客様の使用環境に合わせて材質、形状などを変えて、各お客様にあった条件の温度センサーを1本から製造する事を得意としています。


様々な分野、様々な用途で使用される工業用温度センサーは、形状、仕様も多種多様です。弊社はその様な特殊な温度センサーも一品一葉にて製造しているため、より広い分野での品質向上、危機管理に貢献しています。



特殊温度センサーのページはこちら



特徴4: アフターサービス


弊社では製品納入後もお客様が安心して弊社製品をご使用いただける様、校正・検定サービスや調査報告書サービスなど様々なサービスを行っています。



校正・検定サービスのページはこちら



特徴5: 接触式・非接触式温度センサー両方面からの提案


弊社は非接触式の温度センサーである放射温度計の長年の販売実績と、接触式温度センサーメーカーとしての長年のノウハウも合わせ接触式、非接触式の温度センサーそれぞれの特徴を踏まえてお客様にあった最適の提案、多方面からの提案が可能です。



接触式温度センサーラインナップのページはこちら

放射温度計のページはこちら



メールフォームお問合せ

事業所エリアマップ

pagetop